珍しくタイトルが付いた。

ぼくの仕事はどうやら「考えること」だと思ったのです。
なんだかうまくいかない、その理由を“考え”る。
やりたいことがあるんだけど今ひとつ伝わらない、その理由を“考え”る。
理由だけでなく、うまくいくやり方、伝え方を“考え”る。
もちろん考えるだけでは何も変わらないから考えたことは外に出す。
けれど、外に出すことを決して得意だとは思っていない。
やり方にしても、伝え方にしても、
ああ、こんな風に外に出せたらどんなにすばらしいだろうか
と思える人たちはたくさんいる。

ぼくの仕事はそういう人たちがいかない領域に分け入って
ぶつかった問題を得意そうな人に解決してもらうことだ。
写真家と建築家の友人と一緒にやった「織り機につどう」はそれがうまく機能した例だと思う。

仕事がないときにライターをやって暮らそうかと考えたことがある。
何度も。でも、うまくやれる気が全然しなかった。
どうやって伝えるのかよりも、課題は何でどうやったら乗り越えられるのかみたいな
分析していく仕事のほうがずっと前向きに取り組めるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA