こうふのまちの一箱古本市 2018


5月6日に行われる「こうふのまちの一箱古本市2018」に装いの庭の企画で参加します!

甲府での一箱古本市は2014年に始めて、今年で4回目だそう。まだHPを立ち上げる前の2016年にワークショップの企画で参加させていただきました。“小さな幸せが集まったイベント”。ありきたりな言葉ですが、この表現がぴったりと当てはまる心地よい時間の流れるイベントです。

装いの庭では、今年もワークショップの企画で参加します。内容は布にまつわるもの盛りだくさん! 一昨年から毎年富士吉田市で開催しているハタオリマチフェスティバル(通称ハタフェス)のエッセンスをぎゅっと詰めてお届けします。

TENJIN-factory×石川ゆみ「手縫いでつくるリネンハンカチ」
 富士吉田市のリネン織物工場「TENJIN-factory」のリネンを使って、石川ゆみさんと手縫いのハンカチをつくります。用意する数種類のリネン生地に、石川さんが選んだいろいろな布や糸を組み合わせたり、ステッチを入れながら、手づくりの楽しさを味わってください。

時  間:開催中随時受付
料  金:2,000円
予  約:不要
所要時間:約30分~
※小学生未満は保護者同伴でお願いします。

tapiiri「バンド織りでつくるしおり」
 「人の手と自然からうまれたものをくらしに」をコンセプトにラトビアを始め、各地の手仕事のものを扱う山梨の雑貨店・tapiiri。あらかじめ用意したいくつかの経糸の中からお好きな色を選んで、店主の有泉さんとバンド織りのしおりをつくります。時間はあくまで目安。好きなところまで織り進め、好きなところで完成となります。用意できる経糸の本数には限りがありますので、ご参加希望の方はぜひご予約ください。

人  数:先着6名さままで
時  間:開催中随時受付
料  金:1,000円
予  約:不要
※ご予約は、お名前、ご連絡先、参加人数、お越しいただく時間をご明記の上、メール(tapiirimail@gmail.com)もしくはお電話でご連絡ください。
所要時間:約60分
※中学生未満は保護者同伴でお願いします。

「おさるのシルクスクリーンワークショップ」
 富士山の守り神「さる」をテーマに、イラストレーターが描いたイラストをトートバッグやお好きなものにシルクスクリーンでプリントできるワークショップです。Tシャツやエプロン、ノート、画用紙など普段愛用しているものの持ち込みも大歓迎!気軽に印刷を楽しみに来て下さい。

時  間:開催中随時受付
参 加 費:2,500円(トートバッグ代込み) ※印刷物持ち込みの場合は左記価格より1,000円引き
所要時間:約20分
※混雑時はお待ちいただくこともございますのでご了承ください
※イラストサイズは【約20cm~20cm】となります
※プリントインクは当日ご用意する数種類の中からお選びいただけます。
※小学生未満は保護者同伴でお願いします。

ハタジョ「ロゼット/タッセル/チャームづくり」
 ハタオリの街で織物業に関わる女性「ハタジョ」の有志が集まって、ハタフェスのアイコン的ワークショップを開催してくれます。つくるのはいろいろなハタヤさんの生地を使ったアクセサリー。それぞれの特徴や個性を教えてもらいながらロゼットやタッセル、チャームをつくってみませんか?

時  間:開催中随時受付
料  金:ロゼットづくり 1,000円 / タッセルづくり 2,000円 / ライオンチャーム(タッセルチャームの上の部分のみ)づくり 800円
予  約:不要
所要時間:約20分
※小学生未満は保護者同伴でお願いします。

「手織り織機のコースターづくり」
富士吉田市の織物協同組合が所有する手織りの織機を使って、かんたんなコースターをつくります。年々教えられる人が減っていき、今ではめずらしくなってしまった手織りの体験をこの機会にぜひ。
時  間:開催中随時受付
料  金:1枚 500円
予  約:不要
所要時間:約30分
※小学生未満は保護者同伴でお願いします。

会場の商店街では歩帆舎の「temporary tempo project vol.1」も同時開催。子育てとアートをテーマに、商店街の空き店舗が親子で楽しめる空間に変身します。ワークショップや一箱古本市と合わせてどうぞお楽しみください。

こうふのまちの一箱古本市
日程:2018年5月6日(日)
時間:11:00~16:30
会場:甲府銀座通り商店街
(甲府駅より徒歩15分
)
入場料:無料
https://beekmagazine.com/feature/koufuhitohako/

こうふのまちの一箱古本市 2018

ご挨拶

はじめまして。「装いの庭」の藤枝大裕(ふじえだひろやす)と申します。

装いの庭は、“装うこと”にまつわるブランドや作家、お店を応援する活動です。洋服にアクセサリー、小物、インテリアーーー。私たちの暮らしはたくさんの“装い”に囲まれています。

私は、服飾専門学校を卒業後、愛知県の撚糸メーカーに入社し、アパレル向けのニット糸を取り扱っていました。最初の一年くらいは機械をいじったり、何kgもの糸を担いで、工場を回ったりという、いわゆる“現場”の仕事をしていました。その後、営業に出て、アパレル各社、商社、編物工場、原料メーカーとお付き合いをさせていただきました。洋服の作り方を学び、糸から製品ができるまでの現場に携わり、流通の流れに身を置く中で、自分なりのものづくりの“楽しさ”に触れてきました。

このサイトでは、その自分なりの視点でさまざまなブランドや作家、お店を見つめて、魅力を掘り下げ、伝えていくつもりです。また、おすすめの本の紹介や布を使った創作のヒントなど、私たちの毎日を少しでも明るく、たのしくする情報もお届けします。初めてそれに触れる人が、少しでも目に映るものの奥にある、デザインのおもしろさやものづくりの芯のおもしろさを感じてもらえるように。ひとつひとつに込められた作り手の想いが、きちんと伝わり価値となっていくように。

どうぞよろしくお願いします。

主宰者プロフィール

藤枝大裕
服飾専門学校を卒業後、撚糸メーカーに入社。企画、営業職を経て退職、その後、イベント・メディアの編集に携わる。それらの経験を活かし、テキスタイル、ファッション、手芸にまつわるもの・ことの魅力を自分なりの目線で伝える活動“装いの庭”を立ち上げる。

ご挨拶